消費者金融に関する利用者の疑問についてお答えします

MENU

消費者金融に関する疑問にお答えします

 
在籍確認の電話連絡ですが自宅にもかかってきますか?

勤務先を確認するための在籍確認の電話ですので、自宅へはかけることはありません。本人確認は本人様の携帯電話にかけるようになっています。ですが、自宅に電話がかかってこないわけではありません。もし、返済が遅れたりした場合は自宅へ確認の電話がかかってくる可能性がありますので、返済の遅れはないようにしましょう。

申し込む前に、まずは利用できるのか知るにはどうしたらいいか?

それぞれの消費者金融には簡単借り入れ診断というものがあります。申込みの際の審査と違って、3つの質問に答えるだけで、融資が可能か最初の判断がされます。例えばプロミスですが、【生年月日】【年収】【他社との借入額を合わせた現在の借入総額】と、この3項目を入力するだけです。年齢制限は20歳から70歳以下であれば問題はないでしょう。他社金融機関ですでに借りている額が年収の3分の1を超えていた場合はもう借り入れができないので、この時点で融資はできないということになります。ですので、ほかからの借り入れがなければ問題なく借り入れが可能ですし、年収がすくなくても問題はないでしょう。

20歳の大学生ですが消費者金融を利用できますか?

消費者金融が利用できるにはいくつかの条件があります。ひとつめは20歳以上であること。そしてふたつめは働いていて毎月一定の収入があること。これは、正社員でなくてもアルバイトやパート・派遣社員でも大丈夫です。ですので、20歳で大学生の方でもアルバイトをしていれば問題なく消費者金融を利用できます。アルバイトをしていなければ利用できません。

アルバイトをしています。バイト先にかかってくる在籍確認の電話の内容は?消費者金融からだとバレないようにしてもらえますか?

審査の一つである職場への在籍確認の電話ですが、消費者金融を名乗ることはなく、オペレーターの個人名でかかってきます。申込者を呼び出してもらうカタチになりますが、不在の場合、「○○は本日はお休みを頂いております」と返答が来れば審査完了です。これで在籍の確認が取れたことになります。また、本人が電話に出たとしても、本人確認の簡単な質問(生年月日など)で審査が完了です。もし、職場に電話をかけても誰も出ないということになると、審査に通らなかったことになりますので、消費者金融は利用できないことになります。

キャッシングとカードローンの違いについて教えて下さい。

返済方法に違いがあります。キャッシングは一括での返済になります。よって少額しか借りれないのが特徴です。対してカードローンは分割での支払いが可能ですので、高額の融資が可能になってきます。それぞれ金利も異なってきます。キャッシングは金利は高く、分割払いのカードローンは金利は低めです。ちなみに、消費者金融では分割返済もキャッシングという呼び方をしている場合もあります。

消費者金融は本人確認の証明書だけで利用できますか?

本人確認の証明書以外に、収入証明書が必要な場合があります。それは、借入希望額が50万円を超える場合、もしくは、すでに他社で借入れしている場合、新規希望額と合わせて100万円を超える額になった場合、収入証明書類の提出が必要です。それらを超えなければ必要ありません。

消費者金融を利用する際、手数料や年会費はどれくらいかかりますか?

消費者金融では、ご利用の際の手数料や年会費、その他の一切の費用はかかりません。

クレジットカードを持っています。新規で消費者金融を申込むのに影響ありますか?

クレジットカードはショッピングとキャッシングのふたつの枠があります。ショッピング枠はお買い物ローンという扱いなので総量規制の対象外になります。ですが、キャッシング枠はそのもの借入れなので借金ということになり、総量規制の対象となります。ほとんどの金融機関が利用している信用情報機関の履歴情報には他社からの借入れは間違いなくカウントされていますので、申込みの際には記入しましょう。消費者金融で借り入れするとなれば、このクレジットカードのキャッシング枠を引いた年収の3分の1が借入可能額となります。

収入証明書は何を用意すればよいですか?

収入証明書として有効なのは以下の書類です。用意するのはどれか1点で大丈夫です。
源泉徴収票/確定申告書/給与明細書(どれも最新のものが必要です)

職場にかかってくる確認の電話は本人が出ても大丈夫ですか?

職場にかかってきます在籍確認の電話連絡ですが、本人が出ても問題はありません。本人が電話に出ることが可能であれば、むしろ会社の他の人に出られてバレてしまうリスクを考えるなら、自分で出たいとろこです。本人が電話に出た場合は本人確認の簡単な質問をされます。「生年月日」または「住所」を聞かれるくらいの簡単なものです。それで在籍確認の審査は完了です。ちなみに、確認の電話をかけてもらう時間を指定することが可能です。