在籍確認なし消費者金融の口コミ!勤務先に知られず借りれる!

MENU

消費者金融利用者の口コミこちら

 

業員の少ない職場なので、外部からの自分あての私用の電話はすぐに勘ぐられてしまいます。おまけに取引先とかのない職種なので基本的には電話がかかってくることはありません。職場の事務所は電話の音が滅多にしないんです。そんなところに消費者金融から自分あてに電話がかかってくるなんて想像しただけでぞっとします。なので、申込むときにそのことについて何度も事情を伝えてお願いしました。幸い、追加で提出できる証明書類がいくつかあったので、なんとか代替案として間に合いました。そもそもこの在籍確認の電話回避の方法はネットで知りました。知らないままだったらずっと申込んでなかっただろうな。
(江東区・34歳・男性)

 

話の対応がとても良かったのでプロミスに申込みました。申し込む前は、はじめての消費者金融で不安だったので、直接電話して決めようと思いました。CMとかやっていない有名ではない消費者金融にも電話してみたんですけど、あまり良い印象ではなかったです。しかも電話を切った後もまた担当者を変えて何度もかかってくるし。ですが、大手の消費者金融はよかったです。質問にもいくつも答えてもらえたし。職場への電話は、時間帯のリクエストを聞いてもらえました。そういう細かい配慮が良かったです。
(神戸市・29歳・男性)

 

族に消費者金融でお金を借りていることを内緒にしている人はどれくらいいるんでしょうか?自分の場合は嫁にバレないかが問題です。どこの消費者金融が周囲に内緒で貸してくれるか、そのあたりをネットで調べてから申込むつもりでした。結局、大手のところはほぼその辺に気を遣ってくれることがわかりました。自宅に電話しないとか、自宅に郵便物を送らないとか。中には、カードを持っているのがバレないように、カードレスでも利用できるとか。普通なら毎月の利用明細は自宅に郵送されるんですが、最近はインターネットを利用して、公式ホームページで利用明細が見れるようになっているのは便利だし有り難いですね。あとは、バレそうになっても、どこまでしらを切れるか自分のメンタルの問題だけですが。
(川越市・32歳・男性)

 

務先に電話されるのは構いません、って感じでした。ひっきりなしにかかってくる電話の内容にはいちいち誰も気にしない職場なので、すぐに繋げてもらって簡単な質問で完了。むしろ、自宅への連絡、郵便がネックで、消費者金融の担当の方には何度も確認しました。絶対に届かないですよね?って。例え、郵便物に消費者金融の名前が表記されていないから大丈夫と言っても、ほとんどの自分宛ての郵便物は妻に開けられているのでアウト間違いなし。一応確実に届かない方法は教えてもらいました。契約書とカードは郵送ではなく店舗での受取りで。その後は、公式ホームページで利用明細を確認。この月々の利用明細も通常なら毎月送られてくるものだし、たまにお知らせも郵便らしいので、それがすべてネットで完結するのは有り難いです。
(大田区・34歳・男性)

 

確実!職場への在籍確認なしの消費者金融なら安心キャッシング!

実は、消費者金融からの電話は社名ではなく担当者の個人名を名乗ってかけてきます。個人名でかかってくるなら、在籍確認の電話はかかってきても問題ないという方はそのままで大丈夫です。それでも職場の事情を考えるとどうしても不安になるという場合は、備考欄に電話NGと記載するか、もしくは審査途中の電話化メールのやり取りの中でお願いすると良いです。丁寧に職場の状況を伝えましょう。そうすれば代替案を用意してくれる場合があります。

来店不要ですし、恥ずかしい想いをして店舗にいかなくて済むんです。キャッシングを利用していることを職場の同僚に知られることはないでしょう。それが必要なくなったせいで女性の利用者も増えたようです。上手く利用することでとても頼りになる存在と言えるでしょう。


消費者金融を初めて利用される方は是非「無利息期間」のあるサービスを受けることをおススメします。「30日間無利息」のサービスでは契約完了の次の日から30日間のみ、利息ゼロ円でいくらでもキャッシングすることが可能になります。短期でのキャッシングをお望みの方もこれなら借りた額だけ返せば良いわけですから、まるで自分の口座からお金を引き出したような感覚ではないでしょうか。借入れ申込みの際に、WEB明細とメールアドレスの登録が条件です。どちらもインターネットを利用するなら登録したほうがお得な条件と言えます。よくわからなければ、申し込み後の審査のやり取りの中で、メールでも電話でも良いので相談してみましょう。

勤務先への在籍の確認を、電話連絡以外の方法で行って欲しいという方は、申し込み後に送られてくる「申込確認メール」にある「必要事項」の部分にその旨を記載しましょう。そうすることで受理してもらえるか、その後に携帯電話に職場への在籍確認の電話がNGな理由を聞いてくるか、それとも電話確認は避けられないか否かは、それまでの審査の内容によって決まります。ですが、殆どの場合は、電話なし希望の理由を確認してきますので、ちゃんと伝わるように用意しておきましょう。「営業外回りがほとんどで電話に出れないから」や「工場にいて事務所にほとんどいないので電話対応できない」まど。さらには「個人名でかかって来た場合、うちの職場は事務員が取り次いでくれない」など。説得力のある理由で挑みましょう。