消費者金融の審査は勤務年数が影響ある?

MENU

消費者金融でのキャッシング・カードローン審査で勤務年数は影響ある?

 
実は、勤務年数が短い方でも借りれる消費者金融があるんです!
勤務されていて毎月安定した収入があれば実際には借り入れ審査において勤続年数はそれほど影響がないことも判明しました!

会社員以外の派遣やアルバイト、パート、日雇いなどの方で転職して勤務先が変更になったばかりであったり、派遣先が変わったばかりなどでも全く問題ありません。

 

過去に事故や遅延などのブラックのような事例がないことや、総量規制枠内であれば、通常は消費者金融の審査はそれほど難しいものではありません。

 

勤務年数よりもそういった遅延や他社での借り入れ限度額が年収の1/3を上回っていないか?などのほうが重要視されると思っていいでしょう。

 

どこの消費者金融も明確な審査基準というものを発表していませんが、だいたいこのような審査基準となってるはずです。また、勤務先である会社の規模や個人事業、自営業であることなどは審査には一切影響ありませんので安心です。

 

確かに多少は過去に全く借り入れがなく、大手企業勤務の方のほうが借入限度額の設定が初回から大きめになる場合もありますが、あまり気にするほどの大差ではない範囲になるでしょう。

 

ですので、転職や派遣先が変わったばかりで現在の職場での勤務年数が短い方も安心して申し込みをしても大丈夫といえます。

勤続年数が短いことでマイナス要素があるわけではありません。ただ勤続年数が長い方は特をする場合は多いかもしれません。実際に消費者金融を利用された方で勤続年数が15年以上であったことで、初めての利用なのに金利がとても低く設定してもらえたという報告はあります。利用可能金額も割りと高額だったということです。ただ、生活費の不足分を補うために契約したので引き出した金額はとても少ないということでした。