女性に人気のプロミスレディースキャッシング

MENU

女性が安心して申込めるプロミスレディースキャッシング

 


レディース

プロミスレディースキャッシングは女性の方が安心して借り入れできる女性専用のキャッシングサービスです!
こういうのがあったらいいなという女性の声から誕生した女性専用キャッシングサービス

ちょっと生活費が足りないという時に、消費者金融に申し込みたいなと思っても、電話口に怖い人が出たらどうしようと色々心配でした。女性専用プロミスレディースキャッシングでは、女性スタッフがいつでも対応してくれる安心のキャッシングサービスです。電話対応だけでなくお金の相談も大丈夫です。お金の悩みにも親身になって相談に乗ってくれます。やはり女性の気持ちは女性にしかわかりません。

 

はじめてご利用になられる方は【30日間無利息】サービスがオススメです。利息がかからないので借りた分だけ返せば良いです。まるで自分の口座からお金を引き出す感覚♪

 

インターネットからのお申込みならプロミスの店舗に出向く必要はありません。なので誰かに見られるようなこともありません。自宅やパートの職場など、スマートフォンをお持ちであればいつでもどこからでも申込みが可能です♪

 

女性の方でもパートやアルバイトなど、安定した収入がある方なら誰でも申込むことが出来ます。ただし専業主婦の方は本人の収入が無いので、プロミスを申込むことはできないのでご注意ください。
※30日間無利息のサービスでは、WEB明細とメールアドレスの登録が必要です。

主婦が消費者金融を利用する際の注意点

主婦の方からよく問い合わせがあるのは、専業主婦だけど消費者金融の利用を希望とのこと。旦那が働いていて、専業主婦だとしてもうちには収入があるので借りれるのではないか?ということですが、ご自身に収入がなければ借りることは出来ません、ということを伝えてもうちには収入があるからと伝わりません。収入があるなら消費者金融を利用はできますが、その場合、ご主人の名義で、ご主人に申込んで契約してもらわないといけないことを伝えると、旦那には内緒で借りたいということで、やはり難しい話のようです。

 

主婦の方が消費者金融を利用するにはやはりパートなどご自身が働いて収入があることを証明できなければなりません。そうすれば問題なく借りることも出来ますし、家族に内緒で利用することも出来ます。安定した収入がないと消費者金融を利用することはできません。安定していれば収入の額は利用できるかどうかに関しては影響ありません。あるとすれば借りれる額になります。総量規制により年収の3分の1までが借入可能額ということも覚えておきましょう。

 

専業主婦の方でも融資を受けられるのは銀行カードローンの一部では可能なところもあります。ですが、配偶者に安定した収入があることが前提ですし、借入限度額も30万円までとなっています。

 

LP_164x164_ladys

 

レディースキャシングでも在籍確認の電話なしで借りることが可能です

 
女性の方で消費者金融を利用していることを勤務先には知られたくないという方は多いと思います。
プロミスでは女性スタッフの対応が充実していますし、相談によっては、在籍確認の勤務先への電話連絡をなしにすることも可能と言えます。

申込みのお客様の状況により電話による在籍確認が難しい場合に限り、各種書類(保険証・社員証・収入証明書)提出等の代替手段のご相談が可能になります。ただし、ご要望に沿えない場合もあります。

職場の事情により、在籍確認の電話確認はとても困るという状況を丁寧に伝えることが大事です。いろんな会社環境がありますし、その人の置かれた事情も様々です。実はオフィシャルでは明記されていませんが、たくさんの方が相談されています。女性スタッフは審査や利用方法、返済についての相談はもちろんのこと、お金の悩みについても相談に乗ってくれます。

 

もし、電話確認の回避が厳しいと判断されれば、在籍確認の電話連絡を受けなければなりません。ですが消費者金融サイドはできるだけ第三者に情報を漏らさないように大変に気を遣っています。勤務先に電話をかける時にも、消費者金融からの電話とはわからないように、コールセンター担当者の個人名でかけてきますのでバレないので安心です。

 

インターネットで申込んで、お近くの店舗でカードを受け取るのが理想的な流れです。なによりも即日融資が可能になりますので、ネット申し込みをオススメします。

 

申込みされるお客様の希望額が50万円を超える場合は収入証明書が必要になってきます。ですがはじめからその金額を希望するのはオススメしません。まずは少額の借入れを希望しましょう。希望額が上がると、それだけ審査に必要な事柄が増えていきます。まずは5万円、もしくは10万円くらいまでにして、契約した後に増額のお願いをするほうがスムーズです。